マッサージで目を大きく見せる

マッサージを使って

目を大きく見せるために時間をかけてじっくり取り組むべき方法がマッサージです。

 

人は年を取れば自然とまぶたがたるみ、目が小さく見えるようになるものですから、毎日コツコツマッサージして得た結果というのは年齢が増すほどに差が歴然となります。

 

ではどのようなマッサージをすれば目を大きく見せる効果が出るのでしょうか。

 

まず必要なことは目のむくみを取ることです。まぶたのむくみを取るには目を閉じて人差し指・中指・薬指を使って眉毛の下あたりにあるくぼみの部分の骨に沿って目頭から目尻まで優しく押しながらマッサージします。

 

目尻まで行ったらこめかみを軽く押します。これを3〜10セットほど行うとむくみが取れて二重はよりはっきりし、目が大きく見えます。

 

次に目の周りの筋肉を鍛えて目を大きく見せる方法ですが、けっこう色々なやり方があります。一番お手軽なのは、できるだけ大きく素早い瞬きを10秒間続けた後、ゆっくり目を閉じて5秒休むというものです。

 

また、自然な笑顔を作りそのまま目を大きく見開いて5〜10秒キープした後、目元の力を抜くという動作を5セット行うという方法もあります。

 

まぶたのエクササイズとしては目頭を中指で目尻を人差し指で軽く抑え、目は上を見上げながら眩しいときのように下まぶたを持ち上げます。

 

持ちあがろうとする下まぶたがプルプルする状態5秒ほど置き、その後リラックスします。同様に目線を上げたまま今度は上まぶたを閉じようとする感じで上まぶたを5秒ほどピクピクさせます。これらを5セットほど行います。

 

どのマッサージにも共通する注意点として押さえる指に力を入れ過ぎないように気を付けましょう。まぶたの皮膚は薄くてデリケートなので力を入れ過ぎると色素沈着の原因にもなります。

 

じっくり取り組んですっきりパッチリした大きな目を手に入れましょう。


プロのトレーダー